美白 メカニズム

肌のシミを予防する美白ケアのメカニズム

お肌のスキンケアは、毎日のメイクやファッションのように、女性にとって欠かせないことですよね。

 

 

しかし毎日色々な事に気を配ってスキンケアをしていてもどうしても肌トラブルがでてきてしまうことも少なくはありません。

 

美容部員

 

特にわかりやすい肌のトラブルとして、メラニンが蓄積されて形成されるシミがあります。シミがひとつあるだけで顔の印象がぐっと変わってしまいます。鏡をみるのも憂鬱になってしまいますね。

 

 

しかし、正しい美白につながるスキンケアを行っていればシミを予防することができ、白く透明感のある肌を手に入れることができるのです。

 

 

こちらでは、シミを予防する美白ケアのメカニズムを記述していきましょう。

 

 

シミと美白の仕組み

まず、シミできるメカニズムから記述していきます。

 

 

肌の大敵である紫外線。こちらを浴びると活性酸素が発生します。

 

 

この活性酸素は紫外線以外にもストレスや喫煙などでも発生し、シミの原因になるだけではなくシワやたるみをひきおこす要因にもなる物質なのです。

 

 

そして活性酸素が肌の色を濃くする細胞に働きを促進させてしまい、シミの元となるチロシナーゼという酵素が活性化するのです。

 

 

そしてメラニンが作られ、肌表面にシミとして形成されてしまうのです。それでは、そんなシミはどのようなメカニズムで予防することができるのでしょうか?

 

 

シミを予防するためには、まず活性酸素の発生を防ぐ為におおもととなる紫外線をお肌になるべく吸収させないようにすることが最善策です。その為には日焼け止めをしっかりつけましょう。

 

 

そしてチロシナーゼやメラニンの生成を抑制する働きを持つ美白成分配合の化粧品を使用します。これにより、活性酸素を生み出すことを抑制し、メラニンの形成を抑え、シミになる前に原因を作らせないようにします。

 

 

そして肌の新陳代謝を高めるためには栄養のある食事や適度な睡眠をとることも重要になってきます。お肌の形成にかかわるメカニズムを知り、正しいケアをして、是非美肌に近付きたいものですね。

 

 シミを作らせない美容液ランキングのTOPへ