メラニン シミのもと

メラニンはシミの原因になる理由

シミを防ぐにはまず紫外線対策とよくいわれますが、
これはなぜでしょうか?

 

 

皮膚が紫外線を浴びると、
皮膚の中にある色素細胞のメラノサイトに信号が送られ、
メラノサイトがメラニン色素を大量に作り出すようになります。

 

太陽の紫外線

 

このメラニンは
表皮細胞であるケラチノサイトにとどまって、
皮膚を紫外線から守る働きをします。

 

 

一方で、皮膚にはターンオーバーがあります。
これは、表皮の下で作られた皮膚が表皮を押し上げ、
新しい皮膚となって出てくるもので、およそ28日周期で行われています。

 

 

この時、メラノサイトによって作られたメラニンも、
表皮と一緒に剥がれ落ちて、消えて行くしくみになっています。

 

しかし長時間にわたって紫外線を浴びたりした場合には、
メラニンが大量に作られるため、
ターンオーバーと共に消えて行かず、シミとなって残る場合があります。

 

 

また、加齢やストレスなどで、
ターンオーバーそのものがうまく行かなくなった場合も、
メラニンがうまく表皮と共に剥がれ落ちずに残ってしまい、
その結果シミのもととなってしまうのです。

 

 

メラニンは本来は、
皮膚を守るために作り出されているものですから、
それ自体は悪い物ではありません。

 

ターンオーバーがうまく行かないために、
シミとなって皮膚の表面にとどまることに問題があるのです。

 

 

だから、シミを治すには、
まずターンオーバーをよくすることが肝心です。

 

そのためには、スキンケアで皮膚のよけいな角質を取り除くこと、
そして保湿をしっかり行うことです。

 

 

スキンケア以外のシミ対策

また、ビタミンAを多く含む食品、
たとえばうなぎやレバー、牛乳などを適量摂るのもいいでしょう。

 

 

また、規則正しい生活を心がけ、
ストレスをためないようにすることも、
シミを防ぐためのみならず、心身共に健康な生活を送る上で有効です。

 

 

なお、化粧品でシミを消す場合には、
ハイドロキノンのような成分は刺激が強いため、
敏感肌の人が使うには注意が必要です。

 

 

できれば、アルブチン配合の化粧品を活用して、
シミの出来にくい肌でいることを心がけてるようにしましょう。

 

シミを予防する敏感肌向け美容液ランキングはこちら